BLOG

薬局で薬を受け取るまでの流れについて

2021/05/09

病院で処方箋をもらったら、薬局に持って行って薬をもらうことになります。
しかし、初めての方の中には「処方箋をもらったけどどうすればいいかわからない」という方もいると思います。
そこで今回は、薬局で薬を受け取るまでの流れについて解説していきます。

▼1、処方箋の受付・確認
まずは薬局のスタッフに処方箋を渡します。保険証やお薬手帳、現在服用している薬などがあれば持参しましょう。
初めての方は、生活習慣や体質などのアンケートシートを記載する場合があります。
そして、スタッフが薬歴や処方箋の確認を行い、薬の飲み合わせや容量などに問題がないかをチェックします。
このとき、場合によってはジェネリック医薬品の案内をすることもあります。

▼2、薬の調剤
処方箋の確認が終わったら、処方箋に基づいて薬を調剤していきます。
患者さんによっては、薬を細かく砕いたり飲み忘れを防止するために一包化することもあります。

▼3、薬の監査
薬を調剤したら、それが処方箋通り調剤されているか最終チェックを行います。
もし処方箋の内容に疑問がある場合は、処方箋を出した医師に確認します。

▼4、薬をお渡し
薬に問題ないことを確認したら、患者さんに薬をお渡しします。
このときに、薬の効果や副作用、飲み方、注意点などを説明するので、しっかり聞いておくようにしましょう。
薬をお渡ししたら、スタッフは患者さんの調剤録や服用歴を記録し、次回の指導などに活用します。

▼まとめ
病院で処方箋をもらったら、かかりつけの薬局に持って行くと薬剤師が薬を調剤してくれます。
当薬局ではどの病院でもらった処方箋も受け付けているので、気軽にお越しください。