BLOG

漢方薬にも賞味期限はあるの?

2021/07/17

漢方薬をまとめ買いしている方などから「賞味期限」についてのご質問を受けることがあります。
そこで今回は漢方薬の賞味期限について解説しますので、服用の際はぜひ参考にしてください。

▼漢方薬にも賞味期限はある
漢方薬の賞味期限は「使用期限」という言葉で表現されることが多いです。
一般的に漢方薬の使用期限は、未開封の場合で「製造日から3~5年程度」とされています。
正確な使用期限は製品のパッケージに表記されていますので、まずはご確認いただくと良いでしょう。
なお病院から処方を受けた漢方薬に関しては、決められた用量や用法を守って服用すれば、必ず賞味期限内で使い切ることができるようになっています。

■古い漢方薬の賞味期限を知りたい時は?
病院で処方された漢方薬がご自宅に余っていて、それをもう一度飲みたいと考えている方もいるかもしれませんね。
もしご自宅に残っている漢方薬の賞味期限を知りたい場合は、製造番号などを手掛かりに薬局でお調べすることが可能です。
ただ、以前処方された漢方薬が現在の症状に合致するかどうかはわかりません。
現在気になる症状がある場合は、もう一度医師か薬剤師にご相談いただくなどして、服用する漢方薬の種類を改めて決めたほうが良いでしょう。
いきいき健康薬局でも、処方箋の受付だけでなく、漢ムリエの資格を持ったスタッフが個々のお悩みをお伺いした上で、おすすめの漢方薬のご紹介を行っています。

▼まとめ
漢方薬も「薬」ですので、好きなように飲んで良いというわけではありません。
漢方薬を服用する際は医師や薬剤師からのアドバイスを守って、正しく服用してくださいね。