BLOG

冷え性と生理痛の関係は?

2021/10/08

辛い生理痛や貧血でお悩みのかたは多いです。
そこで今回は冷え性と生理痛の関係について見ていきますので、ぜひ参考にしてみてください。

▼冷え性と生理痛の関係
体が冷えると生理痛を感じやすくなります。
冷えで血流が滞ると、痛みの原因物質である「プロスタグランジン」が骨盤内で滞ってしまいます。
もともと女性は生理が始まると血管が収縮して冷えやすい体質になるので、冷え対策が必要になってきます。

▼生理痛を起こす冷えの原因
上記以外にも、生理痛を引き起こす冷えの原因はさまざまあります。

■精神的なストレス
精神的なストレスにより自律神経が乱れがちに。
自律神経が乱れると体温コントロールが上手くできなくなり、冷えを引き起こします。
睡眠不足もストレスの原因になるので注意しましょう。

■運動不足
運動不足で血流が悪くなり冷えを招きます。
ウォーキングなど軽い運動でも血流が改善されますよ。
筋肉には体温を上げる働きがあるので、筋トレなどで筋肉を増やすと良いでしょう。
特に太もも部分は全身で最も筋肉が多いので、スクワットをするもの効果的です。

▼まとめ
ちなみに子宮の出口が狭いと経血が外に流れにくく、痛みを感じる場合があります。
出産で子宮の出口が広がり、生理痛が軽くなる人もいますよ。
瑞浪市にある「いきいき健康薬局」では、体調に合わせた漢方煎じ薬をご提供しております。
「生理痛が辛い」「体が冷えやすい」というかたは、お気軽にご相談ください。