BLOG

「更年期障害がきつい」と理解されにくい理由

2022/04/22

「更年期障害がきつい」と悩んでいる方は大勢いらっしゃいますよね。
しかし周囲から理解を得られずに苦しんでいる方も少なくありません。
では、なぜ更年期障害の辛さは周囲から理解されにくいのでしょうか。
ここでは更年期障害が理解されにくい理由について紹介していきます。

▼「更年期障害がきつい」と理解されにくい理由
閉経の前後になると、女性ホルモンが急激に低下して、更年期障害を引き起こします。
この更年期障害に大きく影響するのが「ストレス」などの心理的な要因です。
ただし、検査を行っても女性ホルモンの低下以外には大きな原因が見つかりません。
そのため更年期障害は、周囲から「きつい」ということが理解されにくいのです。
実際には、更年期障害により深刻なうつ状態になる可能性も考えられます。
また、重い症状に何年も苦しんでいる人も大勢います。
情緒不安定になるだけでなく、動悸や発汗などの身体症状も出るのが更年期障害です。
特に男性には理解されにくい傾向にあり、さらに大きなストレスを抱えてしまうケースも少なくありません。

▼まとめ
「更年期」とは閉経の前後5年前後のことで、人によって症状は異なります。
10年近くも症状が続いたら「きつい」と感じるのも当然ですよね。
きつい更年期障害で苦しんでいるのなら、瑞浪市にある「いきいき健康薬局」にお問い合わせください。
更年期障害に限らず美容・健康に関するご相談を幅広く受け付けており、安心してご相談いただけますよ。