BLOG

更年期障害で寝れないなら対策を考えよう

2022/05/15

「更年期障害で寝れない」という悩みを抱えている方はいらっしゃいませんか。
身体の痛みなどがないとしても、寝れないというのはつらいものですよね。
ここでは、更年期障害の症状の1つである不眠について紹介しますので、参考にしてみてください。

▼更年期障害による不眠について
「不眠」は更年期障害に多い症状ですが「寝れない・寝汗がひどい・眠りが浅い」など人により状況は様々です。
この不眠の症状が現れるのは、女性ホルモンの低下により自律神経が不安定になることが関係しています。
それだけでなく、更年期による身体の変化や、家庭や仕事でのストレスも不眠につながる可能性もあります。

▼更年期障害による不眠への対策は
卵巣機能が低下し、女性ホルモンの分泌量が低下することにより更年期障害が起こります。
その症状は200種類以上あると言われており、症状が日によって変わる人も少なくありません。
対策としては対処療法が行われますが、自律神経のバランスも整えていく必要があります。
生活習慣を改善し、なるべくストレスのない生活を心掛けましょう。

▼まとめ
ただでさえ身体の調子が悪い更年期障害の時期に不眠が続いてしまうと辛いですよね。
食事や運動などに気を付けても改善しないなら、医療機関の受診も検討してみましょう。
「いきいき健康薬局」では、岐阜県瑞浪市で漢方薬などの販売を行っております。
更年期障害による不眠でお悩みでしたら、ご納得いただけるまで遠慮なくご相談ください。